お金にまつわる得する話

賢い「生き方」

未分類

サラリーマンの所得税について考えてみた

投稿日:

所得税の仕組みを理解するためには、以下3つの式が必要。一つずつ、簡単に紐解いてみる。

① 給与所得 = 収入 - 給与所得控除額

 ※収入は「給与等」の年間合計額。

 ※給与所得控除はいわゆる「経費」。自営業と違い、サラリーマンの場合は、税法で規定されている。以下の表で算出。

給与等の収入
(源泉徴収「支払金額」)
給与所得控除額
180万円以下給与等の収入×40%
※上記が65万円未満の場合は65万円
180万円 ≦ 360万円給与等の収入×30% + 18万円
360万円 ≦ 660万円給与等の収入×20% + 54万円
660万円 ≦ 1000万円給与等の収入×10% + 120万円
1,000万円 ≦ 1,500万円給与等の収入×5% + 170万円
1,500万円 ≦245万円(上限)

② 課税所得 = 給与所得 - 各種所得控除

 ※各種所得控除には、基礎控除(所得税計算時は全ての人が一律38万円)、社会保険料控除、生命保険料控除(一般の生命保険に加入している人対象)、扶養控除(扶養家族がいる人対象)等が該当。

③ 所得税額 = 課税所得 × 税率 - 控除額

 ※税率と控除額は以下の表で算出。

課税所得税率控除額
195万円以下5%
195万円 ≦ 330万円10%9万7,500円
330万円 ≦ 695万円20%42万7,500円
695万円 ≦ 900万円23%63万6,000円
900万円 ≦ 1,800万円33%153万6,000円
1,800万円 ≦ 4000万円40%279万6,000円
4,000万円 ≦45%479万6,000円

これらの式を使い、少し計算してみる。Aさんの年収を500万円とする。初めに①より、給与所得控除額は、500万円×20%+54万円=154万円。給与所得は、500万円-154万円=346万円となる。Aさんは両親を扶養家族としており、基礎控除額38万円、扶養控除額38万円が引かれ、②より課税所得は、346万円-(38万円+38万円)=274万円となる。③より所得税は、274万円×10%-9万7,500円=17万6,500円となる。

ちなみに、課税所得に対する所得税額は下図となり、ほぼ課税所得に比例する。これといったしきい値は無さそうなので、収入を〇〇円以下に抑える等で一気に減るものでもない。地道に控除額を増やす他なし。



2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

-未分類

Copyright© 賢い「生き方」 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.