V2X 概要





今回は、民生から少し離れて、車載分野の通信技術について紹介しようかと思います。最近、ニュースでも各国で車の自動化が義務付けられるようになってきたと耳にするようになりました。また、自動運転には4つのフェーズがあり、フェーズ4と呼ばれているのが、皆が思い描く完全自動運転車のことです。少し前に聞いた話では、2020年にフェーズ4の自動運転車が全体の約0.7%を占めるようになるとのことでした。因みに、自動運転をするために最低限必要なデバイスは、LiDAR(Laser Imaging Detection and Ranging:反射光で対象の距離や方向を測定※動画内の車に付いているパトライトのようなやつ)、ミリ波レーダー、車載カメラと言われることが多いかと思います。これらに加えて、マッピング技術があれば文句なしでしょう。つまり、周囲の状況が正確に把握でき、 更に地図さえあれば、自動運転は可能だということです。ここでようやく本題に戻るのですが、自動運転をするにあたり、V2X(Vehicle to Something:車とモノの通信)は必要なのかという疑問が出てきます。勿論必要です!しかし、最低限のキーテクノロジーという訳ではなく、自動運転の精度向上のためのテクノロジーという言い方が正しいかもしれません。少し長くなりそうなので、次回に持ち越します。

I will introduce communication technology in the vehicle field. Recently, I heard that news has become obligatory for car automation in various countries. There are four phases in automatic operation, and what is called phase 4 is a fully automatic driving vehicle everyone envisioned. When I heard a while ago, it was said that in 2020 Phase 4 automated driving cars will occupy about 0.7% of the total. By the way, the minimum device required for automatic operation is LiDAR (Laser Imaging Detection and Ranging: measure distance and direction of target with reflected light * like a patrice attached to the car in the movie), Milli wave radar, Car camera. In addition to these, if there is mapping technology it will be unquestionable. In other words, if you can accurately grasp the surrounding situation, even if you have more maps, automatic driving is possible. Here we will finally return to the main issue, but in automatic operation, there is a question as to whether V2X (Vehicle to Something: communication between car and goods) is necessary. Of course it is necessary! However, it is not necessarily the minimum key technology, but it may be correct to say the technology to improve the accuracy of automatic driving. It is going to be a little longer so I will carry over to the next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です