Industry 4.0 概要





“Industry4.0″をご存知でしょうか、直訳すると第4次産業革命となります。18世紀にイギリスで起こった第1次産業革命は、機械の自動化、IT化という流れを経て第2次、第3次と成長してきました。そしてこれらの成長は日本のハイテク化に大きな利益をもたらしました。では、Indusutry4.0ではどんな革新が起こるのか。一言でいうと、ズバリ情報革命です。IoTを活用することで、製品のトレーサビリティ(製品を生産工程から市場流通まで追跡・管理できるシステム)の把握や各設備の稼働状況を知ることができ、AIを活用することで、各設備の状態や環境・製品から設備の故障予知が可能になります。更に、VR(Virtual Reality:仮想現実)/AR(Augmented Reality:拡張現実)を利用すれば、機器の遠隔制御や遠隔オペレートを受けることができるようになります。これらがIndustry4.0だと考えている方も多いかと思いますが、その真髄はより深いところにあります。情報革命といった理由がここにあります。続きは次回の機会に。

 Do you know “Industry 4.0”, if you literally translate it will be the Fourth Industrial Revolution. The first industrial revolution that occurred in England in the 18th century has grown to second and third through the trend of machine automation and IT. And these growths have greatly benefited Japan ‘s high technology development. So, what kind of innovation will occur in Indusutry 4.0? In a word, it is the information revolution. By utilizing IoT, it is possible to grasp the product traceability (a system that can track and manage products from production process to market distribution) and know the operation status of each facility, and by utilizing AI, the state of each facility It is possible to predict failure of equipment from environment and products. Furthermore, if you use VR (Virtual Reality) / AR (Augmented Reality), you will be able to receive remote control of equipment and remote operation. I think many people think that these are Industry 4.0, but their essence lies in a deeper place. Here is the reason such as information revolution. Continue on the next opportunity.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です