Bluetooth mesh

投稿日: カテゴリー: 未分類




7月に「Bluetooth mesh」たる規格がリリースされたみたいですね。お恥ずかしながら今日まで存在を知りませんでした。これは、近距離無線通信に分類されるBluetoothを利用してメッシュネットワークを実現しようという規格で、メッシュネットワークはZigBeeなどの近距離無線通信規格でも実現されている方式です。一言でいうと、近距離無線端末を複数繋げて長距離伝送を実現することが目的で、ノード(端末のこと)が網の目状に張り巡らされている様子からその名前が付けられています。伝送するパケットを水としたときのバケツリレーのイメージですね。

 It seems that the Bluetooth mesh standard was released in July. Shamefully I did not know existed until today. This is a standard to realize a mesh network using Bluetooth classified as short range wireless communication, and the mesh network is realized by short distance wireless communication standard such as ZigBee. In a nutshell, the purpose is to realize long distance transmission by connecting a plurality of short distance wireless terminals, and the name is given from the appearance of the node (terminal) being stretched in the mesh of the net I will. It is an image of a bucket brigade when we transmit packets to be water.

Bluetooth meshとこれまでのメッシュネットワークとの違いですが、大きくはバケツをリレーするノード(端末)の種類になります。これまでのメッシュネットワークでは、送信側と受信側をつなぐ役割をルータという専用の無線機器が行っていたのに対して、Bluetooth meshでは送受信デバイス自身がその役割を担います。つまり、近くの人がスマホからBluetooth meshを使用した長距離伝送を行う際に、自分や更に近くの人のスマホを経由することになります。「え、スマホの電池を他人の為に使わないで…。」と思った方もいるかもしれませんが、ルーティングの際は電池稼働のセンサ等は使用せずに、商用電源に繋がれたもののみをリレーノードとして利用するため大丈夫みたいです。

 The difference between Bluetooth mesh and the mesh network so far is that it is largely the type of node (terminal) that relays the bucket. In traditional mesh networks, the dedicated wireless device called a router performs the role of connecting the transmitting side and the receiving side, whereas the transmitting / receiving device itself plays the role in Bluetooth mesh. That is, when a nearby person carries out a long distance transmission using a Bluetooth mesh from a smartphone, he or she will go through a smartphone of himself or a nearby person. “Eh, you do not have to use the smartphone’s battery for others …”, but some people may think that it is connected to a commercial power supply without routing the battery operating sensor etc. It seems to be ok to use only those that are being relay nodes.

さて気になるメリットですが、QoS(Quality of Service:通信サービスの信頼性)の向上です。これまでなら、仮に近くのルータが故障してしまうと、通信できないなんてことになりかねないですからね。その点、ルーティングしようと思った人のスマホが壊れても、別のスマホでルーティングすれば問題ないので安心です。また、メッシュネットワークが非常に密になるのもメリットの一つです。高機能のルータに集約するのではなく、シンプルさが特徴のBluetooth meshを使ってスマホ同士相互に通信したメッシュの方が、ノード数の規模拡大を図ることができます。

 Well, it is a merit to improve, but it is improvement of QoS (Quality of Service: Reliability of communication service). Up to now, if a router in the vicinity breaks down, it will be impossible to communicate. In that respect, even if the smartphone of the person who intends to route is broken, it is safe to route it by another smartphone. Also, it is one of the merits that the mesh network becomes very dense. Instead of concentrating on high-function routers, meshes that communicate with each other using smartphones using Bluetooth mesh, which is characterized by simplicity, can increase the number of nodes.
 以上、Bluetooth meshについてでしたが、どの規格もIoTに向けて同じベクトルで進んでいるような気がして、競争が激化していきそうですね。
 Although it was about Bluetooth mesh, competition seems to intensify as every standard feels like going for IoT with the same vector.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です