e-sim

投稿日: カテゴリー: 未分類





SIMカードを一言でいうと、通信キャリアとの契約証明書です。携帯端末を使用する際には必要で、それぞれ製造時に固有の番号が与えられます。また、たとえ端末が壊れたとしてもSIMカードを別端末に入れ換えれば、その端末をそのまま使用することができます。しかしながら、従来までのSIMカードには乗り換えの際には制約がありました。それが「決められたキャリアとの契約書」という点です。

In a word, the SIM card is a contract certificate with a communication carrier. It is necessary when using a mobile terminal, and each is given a unique number at the time of manufacture. Also, even if the terminal is broken, if you change the SIM card to another terminal, you can use that terminal as it is. However, traditional SIM cards had restrictions on transfer. That is the point of “a contract with a determined career”.

従来までのSIMカードは製造時にキャリアの情報が書き込まれるようになっていたため、契約したキャリアのネットワークしか使えず、更に言えば新しい端末の規格やキャリアの周波数帯が異なれば、端末を入れ替えるということはできませんでした。一度契約すれば、そのSIMカードは契約したキャリアの端末しか使えないという、悪く言えば罠みたいなものです。現在では、SIMロック解除が義務付けられ、キャリアが異なっても、端末間で乗り換えることは可能となりました。しかし、キャリア間を自由に乗り換えられるとは言っても、そのためには電源をOFFして物理的に端末のスロット内のSIMカードを入れ替える必要があり、実質的に使えるキャリアは決められているようなものです。

Conventional SIM cards were designed so that carrier information was written at the time of manufacture, so that only the network of contracted carriers could be used, more specifically if the standards of the new terminal and the frequency band of the carrier are different, I could not do it. Once you sign a contract, that SIM card can only use the contracted carrier’s terminal, in other words it is like a trap. Today, SIM unlocking is mandatory, even if different carriers, it is now possible to transfer between terminals. However, although it can be transferred freely between carriers, for that purpose it is necessary to turn off the power and physically change the SIM card in the slot of the terminal, so it seems that the practically usable carriers are decided It is something.

そこで登場したのがe-SIM(Embedded Subscriber Identity Module:組み込み用)です。これは、リモート操作で契約情報の書き換えることができ、物理的に入れ替える必要がありません。キャリアを変更する際に、電源をOFFしてSIMカードを入れ替える必要がなくなるというのは勿論ですが、そこから派生して様々なメリットがあります。

Embedded subscriber Identity Module (e-SIM) was introduced there. This allows you to rewrite the contract information remotely and does not need to be physically replaced. Of course it is not necessary to turn off the power and replace the SIM card when changing the carrier, but there are various merits derived from it.

一つは、在庫管理が容易になるという点です。e-SIMは本来、車両間通信などのM2M(Machine to Machine:機械同士の通信)用に開発されたもので、これまでは輸出する国毎に個別にSIMカードを製造し在庫管理する必要がありました。国が変われば通信方式や規格も変わってきますからね。しかしながら、これはキャリアからすれば迷惑な話で、製品自体は同じなのに品種だけが増えてしまうために、在庫管理が複雑になってしまいます。それに対してe-SIMならば後からリモートで中身を変更できるので、出荷先で中身をリモートで変更すればよく、品種減少により在庫管理が容易となります。これは、キャリア視点でのメリットですが、巡り巡って消費者に利益が出ることになるでしょう。

One is that inventory management becomes easy. Originally, e-SIM was developed for M2M (Machine to Machine: machine-to-machine communication) such as inter-vehicle communication, so far it is necessary to manufacture and stock inventory SIM card individually for each exporting country was. Because communication systems and standards will change as the country changes. However, this is an annoying story from the carrier, and since the product itself is the same, only the variety increases, so inventory management becomes complicated. On the other hand, e-SIM can remotely change the contents later, so you can change the contents remotely at the shipping destination, and inventory management becomes easier due to a decrease in the variety. While this is a merit from a career perspective, it will benefit the consumer around the tour.

システム的な視点で考えると、キャリアが提示するサービスの中から選択の自由が出てくるのではないかと思います。SIMカードが必要となる、コネクティッドカー・スマホ・ウェアラブル端末・セルラー機能付タブレット/PCなどは、これからIoTが浸透するにつれて多様なサービスが展開されることが予想されますから、選択できるというのは消費者からすれば大きなメリットですね。店頭に行かずともキャリアを変更できるような時代が来れば、キャリアには柔軟な変化が求められるでしょうから、サービスの質も改善されそうです。

Considering from a systematic point of view, I think that freedom of choice will come out of the services presented by the career. Since it is expected that various services will be deployed as IoT will become popular from now on connected car · smartphone · wearable terminal · cellular tablet / PC etc, which need SIM card, It is a big merit from consumers. If an era where carriers can be changed without going to the shop front comes, flexibility will be required for career, so the quality of service is likely to be improved.

以上が、e-SIMについての紹介となりますが、e-SIMが普及する大きなきっかけとしては、EUのeCall(自動車が衝突事故を起こした際に、自動でセンターに連絡する機能)の義務化だと言われています。キャリア違いでネットワークができないことによって命が失われては大変なことですもんね。社会が勝手に便利になっていき、その根底に通信技術が活かされていることを実感したケースでした。

This is an introduction to e-SIM, but as a big chance for e-SIM to spread, it is obligatory for EU eCall (a function to automatically contact the center when a car collides) It is said. It is hard work to lose life by not being able to network by career difference. It was a case that I realized that society became convenient and convenient, and that communication technology was utilized at the root of it.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です