セルラーLPWA一色になりそうですね

投稿日: カテゴリー: 未分類




2017年9月1日、ついにセルラーLPWAの普及を見据えて法改正が実施されました。セルラーLPWAというと、有名な規格としては、NB-IoT/LTE-Mといったものですね。これまでは、920MHz帯を使ったSigfoxやLoRaといったノンセルラーLPWAが誌面を賑わせていましたが、これからはセルラーLPWA一色になっていきそうな予感ですね!ここで、セルラーLPWAについて少し記述したいと思います。

At 1 September 2017, the law was revised in anticipation of the spread of cellular LPWA. As cellular LPWA, the famous standard is NB-IoT / LTE-M. Until now, non-cellular LPWA such as Sigfox and LoRa using the 920 MHz band was crowded with magazines, but from now on it is a premonition that it seems that it will become a cellular LPWA one color! I would like to describe a little about cellular LPWA here.

まず、セルラー・ノンセルラーと呼称を分けているのは、使用帯域が免許不要帯域かどうかという点です。上述したように、ノンセルラーLPWA=免許不要、セルラーLPWA=免許必要となっています。では、それだけの違いで何故セルラーLPWAが注目されているのでしょうか。当然、いくつかの利点があるためです。一つは、電波干渉の影響でしょうね。ノンセルラーが使用している免許不要帯域は、自由にアクセスポイントを設置できてしまうので、他の電波と干渉してしまう恐れがあるんですね。その他の優位性としては、サービスを早く開始できるということです。これは、新規で基地局を設置する必要がないからで、ノンセルラー用基地局などは2020年に向けて人工カバー率99%が目標となっており、すぐにはサービスを開始できない環境であることが分かります。その他にも、カバレッジ拡張機能によって基地局からの電波が届く範囲が拡がったり、海や山といった環境下でも使用可能といったことが大きな特徴になっていたりもします。

First of all, what we call it cellular noncellular is whether the band used is unlicensed band. As mentioned above, noncellular LPWA = no license required, cellular LPWA = license is required. So, why is the cellular LPWA gaining attention because of that difference? Of course, there are several advantages. One is the effect of radio interference. Since the access point can be freely installed in the unlicensed band which noncellular is using, there is a possibility of interfering with other radio waves. Another advantage is that services can be started soon. This is because there is no need to install a new base station, non-cellular base stations etc. are targeted for an artificial coverage ratio of 99% towards 2020, and it is an environment where service can not be started immediately I understand that. Besides that, it is also a big feature that the coverage extension function extends the reach of radio waves from base stations, and it can also be used in environments such as the sea and mountains.

では最後に、NB-IoTとLTE-Mとの違いについてご説明します。これは、コストと品質という観点でざっくりと分けることができます。NB-IoT=低品質だが低コスト/LTE-M=高品質だが高コストですね。補足として、ここでの品質は、通信速度/ハンドオーバー機能があるかどうかということを意味しています。以上が、セルラーLPWAの説明となりますが、電波法改正で法整備が完了したことで、これからどんなサービスを提供するかでキャリアが味を出してくるだろうと思います。各キャリア、東京オリンピック開催の2020年を目標に歩んでいるかと思いますが、これからの動向が非常に楽しみです!

Finally, I will explain the difference between NB-IoT and LTE-M. This can be roughly divided in terms of cost and quality. NB – IoT = Low quality but low cost / LTE – M = High quality but high cost. As a supplement, the quality here means whether there is a communication speed / handover function. This is the explanation of the cellular LPWA, but as legislation is completed by the amendment of the Radio Law, I think that the career will come up with what kind of service will be provided in the future. I think that each career is going with the goal of 2020 held in the Tokyo Olympic Games, but I am very excited about the future trend!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です