コネクテッドカー/V2X 最新利用シーン

投稿日: カテゴリー: V2X




コネクテッドカー/V2Xというと、レベル4や5といった完全自動運転車に目が行きがちですが、これらの普及・商用化は早くても2025年以降だと言われています。

 If you say connected car / V2X, eyes tend to be fully automated driving vehicles such as Level 4 and 5, but it is said that these popularization and commercialization will be after 2025 at the earliest.

欧州では、来年2018年から販売される車にはe-Callを付けることが義務付けられており、2020年にはコネクテッドカーの生産台数が6000万台を超えるとの見方もあり、自動運転の商用化に向けて着々と準備が進んでいる中、2022年に向けてトラックの隊列走行を導入しようとしているのが物流分野です。

 In Europe, cars sold from 2018 next year are obliged to be equipped with e-Call, and in 2020 there is a view that the number of connected cars will exceed 60 million units, While preparing for steady progress, the logistics field is about to introduce truck row running towards 2022.

物流分野が隊列走行を導入する背景には、宅配便取扱数の増加に加え、最も深刻な問題であるドライバー不足があり、政府が「未来投資戦略2017」にて宣言した内容の一つです。また、国土交通省が発表したスケジュールでは、2018年には公道で、2020年には高速道路で共に実証実験を開始するとしています。

 Background of the logistics field introducing row running is one of the contents declared by the government in “Future Investment Strategy 2017” due to the driver shortage, which is the most serious problem, in addition to the increase in the number of courier handled. Also, according to the schedule announced by the Ministry of Land, Infrastructure and Transport, we are planning to start demonstration experiments on public roads in 2018 and on highways in 2020.

また、物流分野と同じく人手不足という課題を抱えているのが、バス事業です。こちらは隊列走行を解決策とするのではなく、完全自動運転バスの導入が検討されているようで、2020年の事業化を目標に取り組まれています。しかしながら、完全自動運転とはいいつつ、当然予め決められたルートを走行するという制限付きとなり、ここで活躍するのが、コネクテッドカーやV2Xとなります。また市街地を走行するバスにとって、車載カメラやレーダーで確認できない見通し外の物体を認識するために、V2Xやコネクテッドカーといった技術が必要になるでしょう。これら課題を抱えている産業分野から徐々に技術を浸透させ、データを積み上げた上で、レベル4/5の自動運転車に乗れる日が待ち遠しいですね。

 Also, in the bus business, we have the problem of lack of personnel just like the logistics field. It seems that introduction of a fully automatic driving bus is being studied here rather than setting the row running as a solution here, and it is being tackled as a goal to commercialize in 2020. However, although it is said to be fully automatic operation, it is naturally limited with traveling on a predetermined route, and it is connected cars and V2X that play an active part here. For buses running in urban areas, technologies such as V2X and connected cars will be required to recognize objects that are not to be seen, which can not be confirmed by onboard cameras and radars. I can not wait for a day that I can get on level 4/5 automatic driving car after gradually penetrating technology from the industrial field having these problems and accumulating data.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です