LPWA ノンセルラーとセルラーの住み分け

投稿日: カテゴリー: LPWA未分類




水道やガスメータのメーカーである愛知時計電機がファーウェイと手を取り、NB-IoTを利用した自動検針の実証実験を開始すると発表しました。市街地などの主要エリアではLTEベースのNB-IoT、人里離れたLTEのエリア外ではSigfoxという区分けとするようです。この背景には、メインエリアでは、エリアカバレッジ率が既に高く、データ容量が確保できるLTEベースの通信網を使用し、人里離れた地域ではデータ容量が小さく低コストの920MHz帯の通信網を使おうという考えがあります。

 We announced that Aichi Scientific Electric Co., Ltd., a manufacturer of water supply and gas meters, will take hands with Huawei and start demonstration experiments of automatic meter reading using NB-IoT. In the major areas such as urban areas, it seems to be LTE-based NB-IoT, outside the secluded LTE area Sigfox. Against this backdrop, in the main area, we use an LTE-based communication network that already has a high area coverage rate and can secure data capacity and uses a 920 MHz band communication network with low data capacity and low cost in a remote area There is an idea of Ou.

 

ここでNB-IoTとは、LTE-Mと共にセルラーLPWAと呼ばれている通信方式のことで、同種の通信方式としてSigfoxやLoRaWANを代表とするノンセルラーLPWAが存在します。これらの切り分けは、使用している通信帯域が無免許か否かという点で、セルラーはLTEといった免許が必要な帯域、ノンセルラーは免許不要の920MHz帯を使用しています。ざっくり大別すると以下の表となります。

 Here, NB-IoT is a communication method called cellular LPWA together with LTE-M, and non-cellular LPWA such as Sigfox and LoRaWAN exists as the same communication method. In terms of whether these communication bands are unlicensed or not, the cellular uses bands requiring licenses such as LTE, and noncellular uses the 920 MHz band without license. Roughly roughly divided into the following table.

セルラー

Cellular

ノンセルラー

Non Cellular

通信方式

Method

LTE-M NB-IoT LoRa Sigfox
通信品質

Quality

コスト

Cost

エリアカバッレッジ

coverage

× ×

 

一つずつ見ていくと、エリアカバレッジについては、LTEベースのセルラーLPWAについては既に全国に基地局があるためカバー率99%とすぐに使える状態になっているのに対して、ノンセルラーLPWAについては現在インフラを整えている段階で、2020年にはカバー率99%となる見込み。つまり、現状すぐに利用可能なのがセルラーLPWAで、ノンセルラーも2020年には同じ状態になるということです。

 As for area coverage, with respect to LTE-based cellular LPWA, already covered by base stations nationwide, coverage ratio is 99% ready for use, while for non-cellular LPWA Is currently preparing infrastructure, the coverage rate is expected to be 99% in 2020. In other words, cellular LPWA can be used right now, non-cellular will be in the same state in 2020. 

 

しかしながら、通信品質はやはりセルラーLPWAの方がデータ容量も大きくなり優位性があり、電波の干渉という点でも無免許の920MHz帯を使用しているノンセルラーLPWAは今後帯域が埋まってきたときにどうなるのかが心配ではあります。そういった背景から、個人的にはノンセルラーLPWAはセルラーLPWAが席巻するまでの繋ぎだと考えていたのですが、今回の自動検針の例については、コストを考えて通信回数が少ない地域についてはノンセルラー・通信回数が多い地域についてはセルラーと上手く使い分けが出来てるなと思います。このように、繋ぎではなく、住み分け方法・ビジネスプランを上手く考えていくことがノンセルラーLPWAにとって重要となってきそうです。

 However, the communication quality is still higher in the cellular LPWA than in the cellular LPWA, which has superiority, and also in terms of radio interference, non-cellular LPWA using the unlicensed 920 MHz band will become popular in the future I am worried about you. From such a background, personally I thought that noncellular LPWA was a connection until the cellular LPWA was sweeping, but for the example of automatic meter reading this time, for areas with low communication frequency considering cost, Cellular · For areas with many communication times I think that you are using properly with cellular. It seems that it is important for non-cellular LPWA to skillfully consider how to divide living and business plan in this way.

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です