LoRa




1.概要

 LoRa(Long Range)とは、その名の通り、長距離通信の略語みたいなものです。日本では、免許不要の920MHz帯という低い周波数が使用される予定です。WiFiで使用されている2.4GHz帯等と比べると、電波がより回折しやすくなるため、長距離伝送が可能となります。

 LoRa (Long Range) is like an abbreviation for long distance communication. In Japan, the 920 MHz band (license unnecessary) is planned to be used, which makes it easier for the radio waves to diffract, making it possible to transmit over long distances compared to the familiar 2.4 GHz band etc.

また、LoRaとセットで出てくるワードとして、LoRaWANというのがあります。これを混同して使っている方もたまにいますが、区分としては「LoRa/変調方式」、「LoRaWAN/ネットワーク規格」となっているので、注意してください。

 As a word that comes out with LoRa, there is LoRaWAN. Incidentally, pay attention to the distinction between LoRa: modulation scheme and LoRaWAN: network standard.

次にLoRaの特徴についてですが、一つはゲートウェイとアプリケーションサーバの間にネットワークサーバを介していることです。やはり、エンドデバイスの数が爆発的に多くなるLPWAネットワークにおいて、バッファ的にデータ処理するサーバは必要となってくるみたいですね。また、LPWAが普及するまでの試験的な役割?を担ってそうなのが、ネットワークサーバを使用しないが、エンドデバイスとゲートウェイ間はLoRa変調!接続できるデバイスは少ないけど低コスト!みたいなのもあるみたいです。

The characteristic of LoRa is that it is via a network server between the gateway and the application server. In LPWA network where the number of end devices explosively increases, it seems that a server that processes data in a buffer is needed, is not it? Also, the pilot role until LPWA becomes popular, it does not use the network server, but it is LoRa modulation between the end device and gateway! There are few devices that can be connected, but low cost! 

個人的には、WiSunなんかとの区別がまだついていないので、そちらも随時調べていこうかなと思います。しかしまあ、センサ1兆個時代の到来に向けて、着々と準備は進んでいそうですね。

 Reparations are going on steadily towards the arrival of one trillion of sensors.