LPWA




1.概要

 LPWA(Low Power Wide Area)というワードをよく耳にするようになりました。これは文字通り、「低消費電力での通信」を意味しています。このようなワードが流行るようになった要因は、これまた耳障りなぐらい流行っているIoT(Internet of Thing)の影響です。

 I often heard the word LPWA (Low Power Wide Area). This literally means “communication with low power consumption”. The reason why such a word became popular is the influence of IoT (Internet Of Thing) which is becoming more and more popular.

IoTの基本構成としては、センサ等のエンドデバイスがあり、これらに付随する通信モジュールを介してゲートウェイ、サーバへと送信となっています。このシステムにおいて、エンドデバイスの電池を毎回替えていられないですよね。そんなことしたら、誰も使おうとも思わないですよね、スマートウォッチのように…。そこで、低消費電力はIoTにおける必須項目だ!ということで、このLPWAという考え方が流行しているんですね。以上、短いですがLPWAの紹介でした。

 As the basic configuration of IoT, there are end devices such as sensors, and they are transmitted to the gateway and server via communication modules attached to them. In this system, you can not change the battery of the end device every time. If I do that, I do not think anyone would use it, like a smart watch …. Therefore, low power consumption is an indispensable item in IoT! That is why the idea of ​​LPWA is prevalent. That was the introduction of LPWA.