スマートシティ




1.概要

スマートシティと聞くと、思い浮かべる姿はそれぞれ違ってくるのではないでしょうか。私が初めてこのワードを聞いたときは、映画に出てくる近未来の街が頭に浮かびました。実際は、「賢い街」という名の通り、ITを利用してエネルギーを有効活用しようというのがコンセプトとなっています。

 When asking the smart city, it seems that each figure that comes to mind is different from each other. In fact, as the name “smart city”, the concept is to make effective use of energy by using IT.

人口増加や都市化に伴い、このコンセプトが重要な意味を持つことは明らかで、2030年までの市場規模は4000兆円にも上るとも言われています。一見すると、電気自動車や太陽高発電、SOFCといったエネルギー分野が主役だと思う方もいるかもしれません。しかしながら、ICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)が活躍する場面は数多くあります。

 With population increase and urbanization, it is clear that this concept has a very important meaning, and it is said that the market size to 2030 will be as high as 4000 trillion yen. At first glance there may be people who think that energy fields such as electric cars, solar power generation, and SOFC are the leading figures. However, there are many scenes where ICT (Information and Communication Technology) is active.

活躍シーンとして、その多くは情報の収集・分析活用といったもので、街中のあらゆるモノからセンシングしたデータをクラウドに集め分析することで、渋滞情報やエネルギー需給のバランスを数値化し、街をモデル化し管理することが可能となります。つまりは、各エネルギーの最適化ができるという訳ですね。リアルタイムなデータ収集・課題の抽出および解決法の提示・収集能力といったパラメータで競うことになるのではないでしょうか。

 In large part, it collects and analyze information of information, etc. By collecting and analyzing data sensed from everything in town in the cloud, it is possible to model the city by modeling the traffic balance information and the balance of energy supply and demand by quantifying it . In other words, you can optimize each energy. It is likely to compete with parameters such as real-time data collection, extraction of tasks, presentation of solutions, and collection ability.